「CG やがて君になる (2018/11/18)」


今日のCG。


百合。尊い。てぇてぇ。


いいよね・・・百合・・・



「コミック ちっちゃい先輩が可愛いすぎる! (2018/11/08)」


コミック 「ちっちゃい先輩が可愛すぎる!」

を購入。

まんがタイム(きららではない、無印) で連載中。
  
キャラが素晴らしく可愛いです。


これが芳文社の恐ろしい所。^^;

いわゆるきららじゃないけど、
他の雑誌にもきららに匹敵するぐらい
可愛い絵柄のマンガがたくさん載ってます。

可愛い&萌えにかける作家層の厚さが圧倒的なんですね。



「アニメ となりの吸血鬼さん (2018/11/03)」


2018年秋アニメ。 「となりの吸血鬼さん」いいね。


誰だ!「ぎんいろモザイク」とか「ジェネリックきらら」とか言ってる奴は。
・・的確すぎだろ。^^;


原作はまんがタイムきらら(芳文社)・・・ではなくコミックキューン(角川書店)連載の同名マンガ。

キューンは露骨な「まんがタイムきらら」対抗として角川が設立したレーベル。
しかし今までのアニメ化ラインナップを見ると「ひなこのーと」「パンでPiece」「にゃんこでいず」「ありすtoありす」等。
うーん・・・・



だが長年の研究の結果ついに「吸血鬼さん」で
きららのジェネリック化に成功したかと思える原作が出てきた。

しかもアニメの製作はスタジオ5組。きららアニメを何本も手がけてきた大ベテランです。

 きららっぽいレシピ + きららアニメを製造する設備のある工場
が組み合わさってるんだから
そりゃあジェネリックといえど限りなく本物そっくりな製品が出来上がりますわ。




このジェネリックと言う手法。
私のスタンスとしては・・・・・・
アニメがいい出来なので褒める。
それだけの単純な話ですネ!^^;