「Bluetoothキーボードの欠点 (2018/02/12)」


ふむむ。
サブマシン用に有線キーボード & USB無線マウスを出してみる。


この数ヶ月 Bluetoothキーボード&Bluetoothマウスを使ってたのですが

結構不便な事もわかった。



Bluetoothのメリット:
  • 無線なのでコードがなくてスッキリ
  • マルチペアリングなら複数のマシンで同じマウス/キーボード/イヤホンなどを使いまわせる。
  • スマホにも接続できる。


デメリット:
  • USB無線に比べて電力を食う。

  • 接続に時間がかかる。
     特に数十分使ってないと電源節約のためスリープに入り、
     起きる時に再接続。
     20秒ぐらい待たされる。

     この20秒・・・・が長い!体感的にすっごいストレスを感じる。(-_-;;
     
     キーボードを打つって事は今すぐ何か書きたい物があるってことなのに、
     20秒も待たされるのはすんごい長い。
     これが一番イヤで、有線キーボード出してきた理由です。


  • BTマウス/キーボードはPCのスリープを起こせない。
     PCがスリープに入ってる時はBTレシーバーも寝てるので
     スイッチが入らない!^_^;
     (USB無線マウスはPCを起こせる)

やっぱりBTは電力を食うのがネック。

そのためBT機器も
 省エネのため頻繁にスリープに入る → 使う時に起こす → いちいち再接続が入る → 20秒ぐらい待たされる
これがストレス。



世の中の流れは圧倒的にコードレス。
将来的に多分USB3.1すらなくなり、
デバイスは全部BT無線接続に向かうとは思いますが
2018年の現状ではまだ不満あり。

スリープ&瞬間・再接続はまだまだ課題だと思います。



「一万円のノートパソコンを購入2 (2018/02/03)」


さて、一万円の超安パソコンで1700MB/sの速度を出す秘密は・・・

RAMディスクです。

RAMディスクとは、パソコンのメモリの一部を割りあて
仮想ディスクを作る技です。
RAMディスクを作るやり方は自分で調べてーね。^^;

私の場合はメインメモリ4GB。その内の1GBをRAMディスクに割りあててます。



RAMディスクのメリット:
・超速 ポンコツノートパソコンでも1700MB/sぐらい余裕で出る。

デメリット:
・容量が少ない。ノートで1GB、デスクトップでも4GBぐらいが限度。
・実体はメモリなのでどこにも保存していない。電源が落ちればデータが消える。
・上がるのはディスクの速度だけ。CPUやGPUに依存する処理には関係ない。


種明かしをすればびっくりするぐらい簡単な仕組み。
RAMディスクとは「見せかけ」の仮想ストレージであって
どこにも保存していない。だからウルトラ速いわけです ^^;



そこで「データが消えるディスクなんか、意味あるのか?」と
思われるかもしれませんがこれが大アリです。


RAMディスクには大きく分けて二つの使い方があります。
ケースA. 一時ファイルの保存:
  1. OSやソフトが生成するtempファイル
  2. ブラウザやソフトが生成するキャッシュファイル、

など。
「いつ消えても構わない」もしくは「後で消す予定」の一時ファイルなら
データ消滅のデメリットがないので
あとは速度だけが残る。
こういうファイルはRAMディスクに保存させると効果がバツグンです。


ケースB.作業中のファイルを保存する
  1. 作業中に使うデータ/ファイルを1GBだけ選んで、RAMディスクに入れる
  2. 作業中は1700MBの爆速でぶんまわして、
  3. 作業が終わったらHDD/SSDに保存する。
これがもうひとつの使いみち。



現状のPC業界では「ディスクを高速化したい → SSD」が常識ですが、
いや実際全てのファイルをSSDの500MB/sで呼び出す必要はないんですね。^_^;

本当に高速でアクセスしたいと思うのは
せいぜい作業中に使ってるファイル1GB程度。
そいつらをRAMディスク上に移動して作業すればいい。


最新/高いハードは必ずしも必要ではない。
ちょっとした知恵を使い、運用を工夫すれば
ポンコツPCでも超圧倒的なスピード/コスパが手に入る。
それがRAMディスクです。




あと、PCの電源を切る時は「スリープ」機能を使いましょう。
スリープを使えば待機電力0.1Wで、起動時間1秒でPCが立ち上がります。
今のOSは安定してるのでずっとつけっぱでも全然問題ないです。
再起動なんて半年に一回ぐらいでいいですわ。



「一万円のノートパソコンを購入 (2018/01/26)」


ノートパソコンを買いました。
 

用途:
・ファイルサーバー(NAS)兼、自宅HTTPサーバー兼、ネット閲覧用のサブマシン。
・3Dゲームはしない
・Officeも、メーカー製プリインストールソフトも一切いらない。むしろ入ってない方がいい。

→ 総評:「性能はネット見る程度。最低限」あれば良く、「低消費電力」なマシンが望ましい。



この条件でショップを漁る。
・・・・この「探してる時間」が一番楽しいよなあ。(´ω`*)


ジャンクワールドでいい物件を発見。

中古 NEC VersaPro VB-B 2013年
CPU:Core i5 U560 1.33Ghz
メモリー:4GB
バッテリー:中古品のためほぼ死亡。
重さ:1.2kg
価格:12800円

・・・いいね。

5年も前の機種、さらにビジネス用のそっけないスペックなので
最新機種と比べると見劣りはしますが、
ネットブックとしたらi5 1.3Ghzでも十分すぎる。



なおPCとスマホのCPUの構造が全然違います。
スマホCPUは消費電力を抑えるために超・最低限の機能しかついてない。
PCのCPUは性能をあげるためにキャッシュやアウトオブオーダー実行とか
色々やりまくってるのでめちゃんこ速い。
Core i5 - 1.3Ghzでもスマホ換算にすると4Ghzぐらいはある。



さーて、この
12000円/第2世代 Core i5 1.33Ghz/HDD
マシンに私がチューニングを入れる。
どうなるか。

はいベンチマーク。

うんうん。1700MB/sぐらいは出ますねー。
フェイク画面じゃありません。本当にこのRead/Write速度は出てる。
(あと試行回数2やデータ量100MBも関係ない。そこらを変更しても速度は同じです)

ちなみに価格.comで売ってる2018年モデル。
12万円/第7世代 Core i5 2.5Ghz/SSDのノート



・・・はっきり言おう。
ハードウェア、およびソフトウェアにそれなりの知識がある人間がポンコツPCにチューニングを入れるのと。
最新PCを買って、チューニングを行わない。「与えられたそのまま」を使うのではこれだけの差が出る。

私のPCは12000円で十分。最新機種とか第8世代CPUとか全く興味がない。
だって・・・私が第2世代 Core i5 1.33Ghz CPU使う方が遥かに速いんだもん(^_^;



うん。
元々PCってのは内部的にはこれぐらい。1700MB/sの速度で動いてるんですね。

HDDやSSDなどの「遅い」不揮発ストレージデバイスを通す時に
500~100MB/sまでガク~~ンとスピードが落ちる。
つまりI/Oのところで渋滞、ボトルネックが発生してるわけです。

そこんところ。全くフィルターなしに本来の内部フル速度で
ストレージをぶん回す事ができれば
何のチートもなしに1700MB/sぐらいは普通に出ます。


次回はその仕組みを大解説。