「スピーカーシステムをダウングレード^^; (2018/05/20)」


USBスピーカー。JBL Pebblesを購入。


PCスピーカーの大ベストセラー。ド定番。
・USB接続DACなのでラインノイズが入らない。
・5000円とは思えない品質
・部屋に溶け込むお洒落デザイン
などコスパ・性能・デザインの三拍子そろった実力派。
(なお、右のスピーカーに変な黒いシールを張ってるのは青LEDが眩しかったから^^;)




私も一応それなりのアンプとスピーカー。

値段としては10万円クラスのオーディオシステムも持ってますが。

・・・でもふと思った。
こういうオーディオってホームシアターみたいな用途には活躍するけど、
PCに座って普段のBGMを聞くにはオーバースペック。
実際、そこまでパワー必要か?って^_^;

アンプの消費電力が20W。
しかもこういった独立アンプは音質を安定させるために
回路を温め続けるため、音楽を聞いてないときでも常に20Wを消費してます。
音楽を聞くときだけON、終わったら即オフとか面倒なので常時つけっぱになっちゃいますし。

だから年間電気代にするとこれが結構響いてくるんですね。(;´Д`)

それをUSBスピーカーにダウングレードすれば2.5W。10分の1に減らせる。

それとスピーカー+アンプ+オーディオケーブル+ボード+インシュレーター+光端子ケーブルとか
トータルで10kgはありそうな
ホームシアター機材を
USBスピーカー一本にスリム化できる。

ってのが今回の趣旨なわけで。



さーて音質テスト。
USBスピーカー(5000円)でオーディオシステム(10万円)にどこまで迫れるか。
ポチっとな。

・・・・・
・・・


(;´Д`)。
さすがに負けるなわ。
率直に言って、音が薄っぺらい。
オーディオシステムを80点としたら、JPL Pebblesは40点ぐらい。

5000円台ではトップクラスの性能でも
さすがに10万円セットに比べると雲泥の差がある。これは無理。



と思ってガッカリしてたら。

ふとWindows10付属の

7.1ch仮想サラウンドをオンにしたら
なんと格段に音質が上がりました。

もちろん仮想サラウンド。
偽物の音(5.1chサラウンドシステムから出てくる音・壁の反響。
それらが耳に届くときにどうなってるかを事前に計算して
前面2chステレオから再現するように音を出す
)
なんですが。

偽物とは言え、人間の耳にはそこまで違和感ない。
一気に音の厚みが増しました。



これなら65点ぐらい。
もちろん10万円クラスのオーディオシステム80点に比べたら1~2ランクは落ちる。
我ながらクオリティを下げてしまうなぁ~とは思いながらも。

日常で聞くには65点でも及第点。そこそこは満足できると思います。



今の時代は「重い、デカい」ってだけで存在が悪。^^;
2018年。スマホ時代の価値観としては
   「コンパクト&そこそこ」 >> 「重い&ハイクオリティ」
ですかね。

うん。

こういうのが現代的かなあ。ここはあえてデチューンしてみた。



「PC電源のケーブルを切断して超エアフロー確保 (2018/05/13)」


うーん。^^;
前回「軽量化」の為にPCの蓋を開けたら今度は
筐体内のケーブルが気になりだした。

ゴチャゴチャ・・・・

まあ40Wで動いてる省電力PCなので
別に発熱とかエアフローとか全然考えないでもいい。
適当に放置してても全く問題はないのですが。

・・・気になるものは気になる。
シャッキリさせたいね。



しかし残念ならこのPC電源は非プラグインタイプ。ケーブルが減らせない。


・・・・




切るか。^_^;

電源のラベルを見ると「サイズ 超力」と書いてある。
えーっと発売は2008年か。もう10歳。
コンデンサとかいつ寿命が来てもおかしくないので
最悪壊れてもいいわ。やるだけやっちゃえ。



・・・ふう。

今使ってるケーブルだけ残して
ばっさり伐採。

自分専用の超カスタマイズ。
このなんでも好き勝手改造できる所がデスクトップPCの面白い所だネ!



配線がウルトラ綺麗になりました。

エアフローを妨げる物がなにもない。

もちろんPCは無事起動しました。
元からどこにも繋がってなかった
空きケーブルを切断しただけで
内部的な電気配線は何も変わってないからね。


スッキリ。満足。(*^^*)


「夏だ!グラボを外して涼しく (2018/04/30)」


最近省エネがマイブーム。
知恵を絞って『部屋の中の電気代を可能な限り減らす。どれだけ削れるかハイスコアを目指すゲーム』が
楽しくてたまらない。

今度は

メインマシンについてたグラボ GTS450を外しました。

普通はマザーボードにもグラフィック機能はついてるので、
グラボを外した場合は自動的にオンボードのグラフィックに切り替わります。
(もちろんHDMIやらDVIやらコードは、オンボードの差し込み口に入れ直す)

さてこれで消費電力の変化を見てみると

 (Geforceあり)80W → (オンボード)40W。


・・・うお!40Wも減るのか。

私ってPCゲームは全然しないので
Geforce機能使ってなかった。マシン買った時についてたからそのまま使ってただけで。
最初っからオンボード性能で良かったんですよ。

あっちゃー。こんなに減るなら、もっと早く外してればよかったなあ。



私としては・・・クオリティー・オブ・ライフ。
人間が快適になるための電力使用なら許されるし、(常識の範囲なら)いくら使ってもいい。
家の電気全部消してエコれ!なんて言うつもりは全くありません。


・・・が、このGPU消費電力に関しては本当に無駄。^^;

何の役にも立ってなかったどころか夏なのに40Wのヒーターを
可動させて部屋を暑くしてたのと全く同じなので。

こういう所は探し出して全力でカットだー!