「さとうさらら (2021/12/04)」


今日のイラスト

さとうささら



ボイスロイドの一種ですねー。
今メジャーなのは「琴葉葵・茜」、「東北きりたん」、「結月ゆかり」などですが。

その他のメーカーからもいくつか出ていて
割と結構、種類があります。

ボイスの擬人化とも言うべきか?^^;
どれも可愛いですよねー。



「RTX 3060 インストール編 (2021/12/01)」


GeForce RTX3060を購入。

用途はディープラーニングの学習・推論用。
65000円なり。

ちなみにLHR版 (Lite-Hash-Rate。マイニングに使用できないよう特殊な制限がついてる。機械学習には問題ない。)



今は・・・はっきり言って。
「半導体不足」・「マイニング」・「転売」の
三重苦でGPUがかつてない危機的状況。

このNvidie RTX 3060 も、
元々はスペック(CUDAコア 3584基)から
考える本来の適正値段は
45000円~。
輸入・代理店にかかる経費(いわゆるアスク税)を考えても
50000円が相場だと言われてました。


んが、今じゃ実売65000円です。



いや、むしろ今年の4月頃~。

GPU枯渇が最悪だった時期は
入荷した直後に全部買われてショップに一枚も並ばない。

買いたくても買えない時代だったので、
今じゃお金を出せば買えるだけ
まだマシになってるんです。


PC相場は値上がりしました。
これがニューノーマル。
仕方ない。受け入れましょう。





さてと。いよいよインストール開始。


PCに差し込んだ状態


まず率直に思う事は・・・
・・・デカい!(^_^;


幅は23.5cm。
マザーボードよりも幅がある。
ベビーの方がマザーより大きい。




そして・・・重い!
カードの重量は1030gあります。


このGPUは
CUDAコアを3584基 積んでるので
大量の熱が出てくる。

それを外部に放出する必要があるので、
これまた大型の冷却機構・クーラーを
GPUに積み込む必要があって。
結果カードがどんどん重くなります。

実際1.0kgの重さが
PCI-Expressスロットに刺さって、
テコの原理で根本を折り曲げてくるので
負荷がちょっと尋常じゃないです。^_^;

自作のステーを設置して
下から支えました。



消費電力。


消費電力は、実測198W (GPU 100%時)。
(GPU-TDP 170W + システム28W)

いやー、やっぱり。
こう来たかー。^_^;


なんせ私がメインで使ってるPC(Ryzen 4350GE)の
アイドル消費電力が6Wなので。



198Wはびっくらポン。
Nvidia 30xx系のマシンを組めば
やっぱりこうなっちゃうのかー。


まあゲーミングPCとして見れば、
むしろ198Wぐらいは「低い」範疇かも知れませんが。

違いは何かと言うと
MLマシンはGPU100%が
24時間ぶっつづけて作業するんです。
(ゲーミングPCは一日に~8時間しか稼働しないのに比べて)

198Wの電力をずっとかけ続けるってのは
半端ない。
電子レンジ500Wを10時間つけるのと同じ電気ですからね。
そらやべ~ぐらいの熱が出る。

パワフルだけど・・・やっぱとんでもない大食いだよねー。
昨今の高性能PCは。



次回、運用編に続く。



「AmongUs パズル 回答編 (2021/11/27)」


前回のAmongUsパズル



このパズルのルールを超簡単に説明しますと
・モナリザが3枚ある。1枚が本物で、2枚は偽物だ

・鑑定士は8人いる。
・6人は本物で、正直者である
・2人は裏切り者で、嘘をつく可能性がある。
・鑑定は一人一回。


・この条件の元で、
 裏切り者の意見は排除し本物の意見を採用する
  確実に本物のモナリザを見抜く。

そんな方法があるだろうか?



解答編となります。









答えはなんと、
  トリオ × 二回戦 のトーナメントを開く
これで全部解決しちゃいます。

そもそもなぜ。
もっと根幹的な所で
トーナメントで解決してしまうかと言えば。

人狼ゲームとはそもそも
  「多数派(村人)が少数派(狼)を村から追い出す」ゲーム
であり。

トーナメントも言ってしまえば
  「大会の中から弱者を見つけて、追い出す」
為のシステム。

両者とも弱者を見つけ、排除しようとしている。
やってる事はほぼ同じなので
人狼ゲームのシステマチックな解決には
トーナメントが相性良いのです。